胸まわり、肩まわりに特化したリセットエクササイズ

ここでは胸まわり、肩まわりに特化したリセットエクササイズをご紹介します。

エクササイズ対象の方

エクササイズ対象の方は「肩まわり、首まわりに違和感やコリがある人」。

加えて、猫背の人や呼吸の浅い人にも大きな効果があります。

胸まわり(胸郭部)は、腕や首のおおもとであり、体幹部の屋根であり、呼吸もになうとっても大切な部分です。

小さい頃は、なにかにぶらさがったり、投げたり、全力疾走して胸を目一杯ひらいて呼吸したりと、胸まわりを動かす機会がたくさんありました。それゆえに、筋肉内の血流が良く、やわらかでしなやかな身体でいられました。

ところが、大きくなって動かす機会が極端に減ります。逆にデスクワークなどで知らず知らずのうちにグググッと固めてしまいがち。トシを重ねるごとに動きが出なくなり、気がつけばバキバキに。。。

この「胸まわり」が気持ちのいい状態であることは、すなわち、日常を気持ちよく過ごせることに直結です。

そして、今回ご紹介するエクササイズは、その効果がバッチリです。

エクササイズにかける時間

ストレッチポールのエクササイズには、「順番」や「時間」の細かい指定はありません。

ストレッチポールに乗っている時間の目安は、1回のエクササイズで15分

これもあくまで目安なので、ご自分のコンディションを感じながら増減していいでしょう。

エクササイズをするうえで大事なこと

  1. 気持ちいい範囲でやる
  2. 自分の身体を感じながら、ゆっくりやる

この2つだけは守ったほうがいいです。痛いところまでやっても効果はありませんし、それでは続きません。習慣化したいのは、自分の身体を感じ、向き合うことです。

動画はあくまで参考に。自分の感覚を優先しましょう。

それでは、エクササイズを見ていきましょう。

1. ターゲット:胸まわりの位置調整&動きをよくする

2. ターゲット:肩まわりの位置調整&動きをよくする

3. ターゲット:胸まわり側面の動きをよくする

4. ターゲット:胸まわりの下部の開く動きをよくする

5. ターゲット:肩まわりの位置調整&動きをよくする

6. ターゲット:首まわりの位置調整

全身・スポットでリセット。そして体幹をシメて安定化!

他にも目的別に効果的なエクササイズをいろいろとご紹介しています。

スポンサードリンク