全身をユルめて整えるストレッチポールリセットエクササイズ

ここでは全身をユルめて整えるリセットエクササイズをご紹介します。動画ひとつひとつは「CoreCon」にてYouTubeにアップロードしてくれてます。

エクササイズの対象

ここでご紹介するエクササイズたちは、ストレッチポールを使ったセルフケアのベースとなります

エクササイズ対象の方は全ての方です。

日常生活において、全身をまんべんなく、たっぷりと動かせている方は対象外です(そのような方はストレッチポールを買わないと思いますが笑)。

つまりは、現代の生活における「動き」の不足や偏りによる歪みや疲労を取り除くためのベースエクササイズです。

エクササイズにかける時間

ストレッチポールのエクササイズには、「順番」や「時間」、「回数」の細かい指定はありません。

ストレッチポールに乗っている時間の目安は、1回のエクササイズで15分

これもあくまで目安なので、ご自分のコンディションを感じながら増減していいでしょう。1日何回やってもいいです。わたしは1日1回のときもあれば4、5回やる時もあります。

エクササイズをするうえで大事なこと

  • 気持ちいい範囲でやる(動画はあくまで参考)
  • 自分の身体を感じながら、ゆっくりやる

この2つだけは守ったほうがいいです。痛いところまでやっても効果はありませんし、それでは続きません。習慣化したいのは、自分の身体を感じ、向き合うことです。

全部絶対やらなきゃダメってことはありません

それでは、エクササイズを見ていきましょう。

時間がある時には、ひととおりやるのが理想的です。時間がない時には、その時の自分のコンディションを感じながら、いくつかピックアップしてやりましょう。

準備エクササイズ1. ターゲット:肋骨(上部)

準備エクササイズ2. ターゲット:股関節

準備エクササイズ3. ターゲット:背中、体幹

1. ターゲット:肋骨(上部)、肩甲骨

2. ターゲット:肩甲骨

3. ターゲット:肋骨(下部)、肩甲骨

4. ターゲット:股関節

5. ターゲット:股関節

6. ターゲット:背中、体幹

全身に加えて、スポットでリセット。そしてシメて安定化!

基本的にはここでご紹介した内容だけでも、体はとてもいい状態になれます。ただ他にもスポットをしぼった効果的なエクササイズがいろいろとありますので、是非下記のページも参照してください。

スポンサードリンク